ファクタリングの手数料は上限を比較すべし

subpage1

ファクタリングは全国対応や地域密着型の業者があり、新たに参入している企業も増えています。

選択肢が多いことは利用者にとってありがたいことですが、その分できるだけ丁寧に比較することが必要となります。


中でも手数料については会社の経営に少なからず影響するものですから、できるだけ多くのファクタリング会社を比較したいところです。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

ファクタリング会社の手数料を比較する際に検討するのが、手数料率です。

一般的に、手数料は売却する売掛債権の一定の%が回収されます。



この手数料率は会社によって大きな開きがあるのが特徴です。

そして、ファクタリング会社の多くが最低手数料率を掲載しています。

例えば、「手数料3%〜」というような記載方法が一般的です。
これだけ手数料が安ければ、売掛債権はどんどん売却して現金化した方が良いと考える企業も多くなることでしょう。
しかし、これはあくまでも最低手数料に過ぎません。
売掛先が国や地方公共団体、大手企業といった安定した団体であることや、融資実行までに時間がかかる3社間ファクタリングを利用した場合の手数料だったりするものです。実際のところは、最低手数料が適用される可能性はそれほど多くはありません。


そこで重視したいポイントとして、手数料の上限を確認することが考えられます。


業者のホームページに上限手数料が掲載されているようでしたら、ぜひ、チェックしてみてください。10%を下回るようですと、かなり良心的と言えます。


ホームページに掲載がない場合は、電話などで直接問い合わせてみることをおすすめします。